ストレスなく離婚する方法|離婚相談所のカウンセラーと話そう

メンズ

無料相談もできます

説明

人間は誰もがいつか死んでしまいます。永遠に生き続けることは不可能です。そのため、高齢になると自分がなくなった後のことを考える必要があります。そうすることで、自分の子どもや孫に迷惑をかけることもないでしょう。そのために大事なことが遺言作成です。

遺言書にはいくつかの種類があることを知っているでしょうか。大きく分かると普通方式と特別方式の2種類に分けることができます。どちらも遺言者なので、残された家族に何を相続させるかを、自分で決めることができます。一般的に自分の財産を相続する内容を書き記す人が多いですが、財産以外のことも定めることができます。普通方式は、一般的な書面での遺言作成は普通方式になります。特別方式の遺言書は、死が迫っていて本人が遺言書を書くことができない状況の場合、3人以上の証人に遺言内容を伝えて、代表して1人が本人の代わりに遺言書を作成することができる方式になっています。

遺言作成は、存続の知識や法律の知識が必要になるので、専門家に相談しながら作ると良いでしょう。遺言書を正しく作成しないと、残された家族が遺産相続トラブルになることもあります。ですからトラブルを防ぐためにも、正しく遺言作成しないといけません。法律で細かく決められているために、専門家に相談しながら作っていくことをオススメします。遺言や贈与に関する相談を無料で行なっている事務所もあるために、連絡してみましょう。行政書士が親身になってアドバイスしてくれます。